白馬 大町 安曇野

若一王子神社・子ども流鏑馬





地元住民が「王子のお祭り」と呼び親しむ夏祭り。 7月の第4日曜日の前々日から3日間にかけて行われる若一王子神社の例祭奉祝祭です。

【若一王子(にゃくいちおうじ)神社】

日曜日に行われる子ども流鏑馬(やぶさめ)は県の無形民俗文化財にも指定されます。img_8070

それぞれの地域の子どもたちが射手になり(射手ぼぼと言います)境内や信濃大町駅前、土産店「い〜ずら」前あたりなどで的を射ます。介添え役の大人たちが傘やウチワを手に取り囲み、威勢のいい「はお!はお!はお!」というかけ声が響き渡り、あでやかな祭りの一幕が繰り広げられる、大町の短い夏の幕開けです。射手ぼぼは地面に足をつけてはいけないため、ちょっと大変そうです。

流鏑馬10騎と6台の舞台の引き揃えは見物。稚児行列も。夜には縁日で賑わいます。

nyakuichi.jp




このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です