白馬 大町 安曇野

信州・松﨑和紙〜今に残る伝統の紙漉き〜




大町市社地区に、伝統の和紙が残っています。

それは「松﨑和紙」。

参考リンク:https://www.shinshu-matsusakiwashi.com/

「和紙」「紙漉き」と言うと、2014年にユネスコ無形文化遺産に日本の伝統的な「和紙 日本の手漉和紙技術」が登録されたりして、伝統工芸のイメージが強いです。

登録されたのは『埼玉県の細川紙』『岐阜県の本美濃紙』『島根県の石州半紙』ですが、この他にも多くの手漉和紙が、日本には残っています。

和紙 – Wikipedia

大町の松﨑和紙は現在、社・松崎という地区の「信州松崎和紙工業」1社のみが漉いています。

ここは、今現在もちゃんと事業として和紙を漉いているという、とても貴重なところです。




大町は水の豊富な街で、昔から冬の手仕事に紙漉をする家庭が多かったそうです。

松崎という地区は、居谷里湿原からの水や鷹狩山からの水など、水の集まる場所。豊富な水があったため、その技術が長く受け継がれました。

同社は昭和初期に開業。昭和40年代に、当時和紙の原材料加工などを共同で行っていた「北信濃和紙共同組合」工場跡地に移転し法人化したそうです。

現在では全国に流通し、和紙専門店などで販売するほか、茶筒や箱、ランプスタンドなどに加工され、現代の生活を美しく彩るアイテムとして人気が高くなっています。落ち葉などを漉き込んだオリジナルの風合いが魅力です。

大町温泉郷や穂高などのホテルなどでは内装に松崎和紙を使っているところも。

 

今なお、生活に根ざした「和紙」の文化を脈々と受け継いでいます。

 

見学や紙すき体験などもあります。

リンク元:https://www.shinshu-matsusakiwashi.com/experience

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です