白馬 大町 安曇野

町家造りのおしゃれな雑貨店「Re.フォレスト」の癒し空間「森の休息」

信州・長野県大町市の信濃大町駅、その駅前通り沿いに、おしゃれな雑貨屋さんと癒し空間が併設した、町家造りのおしゃれなスポットがオープンしました。

www.mori9.com

大町市というのは、古くは氏族・仁科氏が栄えていた時代があり、その影響からか、八坂神社、高瀬川、王子神社の子ども流鏑馬など、お祭りや町づくりなどあちらこちらに京都の影響が見られます。町中をふらりと散策すると、あちらこちらに赴きある風情の場所も見つけられます。

情報源: 仁科氏 – Wikipedia

ちなみに、市民に「王子のお祭り」と親しまれる王子神社の例祭は、昔は、京都の祇園祭りと同じ日だったそうです。子どもが射手となる子ども流鏑馬のため、学校がお休みの日に行われるようになったのかな?と思います。

 

町家造りの異空間がおしゃれ




駅前通りの商店街は、いわゆる「うなぎの寝床」と呼ばれる町家造りが多いのだと、かねがね聞いてはいたのですが、なかなかお目にかかるチャンスに恵まれずにいました。

そんな時に、こちらのお店がオープンしたのを見つけました。

元々、大町名店街の中のビルの一角にあったおしゃれな雑貨屋さんです。

しばらくお店を閉めているな?と思っていたら、こちらに移転したようです。

大谷運動具店さんのお隣です。まだグーグルマップが修正されていないようですね。

中に入ると、町家造り独特のす〜っと奥にのびる通り土間があり、その左手が雑貨屋さんRe.フォレスト。

表通りの雰囲気から、一歩入るとまるで別世界。ほかのお宅もこんな感じなのでしょうか?不思議な感じです。

男児子育て中では華奢な雑貨は室内に置けませんが、元々雑貨好きなkazenoya。ここへ来ると、見ているだけで心が華やぎます。

そのまま進むと「いやし空間 森の休息」があります。

女性の施術によるリラクゼーションスペースです。




このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です